Tag: 保育士


保育への興味から小児科を選ぶ看護師

30
11月

看護師は女性が働くことが現場から期待される職種の一つであり、一般の人も女性が働いている姿をイメージすることが多いでしょう。女性らしい仕事をしたいという人にとって魅力的な仕事として捉えられていますが、それと並んで注目されるのが保育士です。
女性の働く職場で仕事をしたいと考えた人がどちらを選ぶかで悩むことがよくあります。そのときに看護師を選んだ人は、小児科勤務を選んでよく活躍しているのです。保育に対してもともと興味を持っていたという影響を受けて、子供の看護を行う現場を選ぶというつながりから、小児科を選ぶというのは自然な流れです。

看護師の仕事にも興味を持っていたからこそ、保育士と天秤にかけて看護師を選んだというのが通常です。必然的にいつも子供の世話をすることができる職場で、看護師として働けるのがやりがいになり人一倍努力します。知識や経験の豊富さが重要になるのが子供の看護の特徴ですが、努力の成果もあってすぐに能力を伸ばし、現場で活躍できるようになっているのです。
保育でも看護でも子供と遊ぶことが仕事の一部になるのが特徴であり、それをやりがいにしていることはよくあります。子供と過ごす時間が長く、子供に対して好意的に接していると子供からも好かれるようになって遊ぶのも楽しくなるでしょう。そのときは保育士のように振る舞っていることができ、保育士としても活躍しているような実感を得られるのもまたやりがいになるのです。

保育への興味から小児科を選ぶ看護師 はコメントを受け付けていません。 |

Back to top